運営者 Bitlet 姉妹サービス kokalog, yonalog, nisalog, serelog
使い方 FAQ このサイトについて | login

2045-06-07 熊本県議会 平成57年 6月 定例会 − 06月07日−01号 2045-06-07
熊本県議会Web

  1. 平成57年 6月 定例会 − 06月07日−01号 平成57年 6月 定例会 − 06月07日−01号 平成57年 6月 定例会 ┌──────────────────┐│  第 一 号(六月七日)     │└──────────────────┘ 昭 和  五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第一号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月七日(月曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第一号  昭和五十七年六月七日(月曜日)午前十時開会 第一 会議録署名議員の指名 第二 会期の決定 第三 知事提出議案の上程(第一号から第十八号まで) 第四 知事の説明 第五 休会議決   ――――――――――――――――――――本日の会議に付した事件 日程第一 会議録署名議員の指名 日程第二 会期の決定 日程第三 知事提出議案の上程(第一号から第十八号まで) 日程第四 知事の説明 日程第五 休会議決      ―――――――○―――――――出席議員(五十四名)                 西 岡 勝 成 君                 深 水 吉 彦 君                 阿曽田   清 君                 三 角 保 之 君                 橋 本 太 郎 君                 松 家   博 君                 岩 下 榮 一 君                 下 川   亨 君                 林 田 幸 治 君                 岩 永 米 人 君                 児 玉 文 雄 君                 山 本 秀 久 君                 古 本 太 士 君                 渡 辺 知 博 君                 八 浪 知 行 君                 杉 森 猛 夫 君                 鏡   昭 二 君                 高 田 昭二郎 君                 柴 田 徳 義 君                 広 瀬 博 美 君                 浜 崎 三 鶴 君                 古 閑 一 夫 君                 魚 住 汎 英 君                 馬 場 三 則 君                 木 村 健 一 君                 平 川 和 人 君                 北 里 達之助 君                 金 子 康 男 君                 荒 木   斉 君                 井 上 栄 次 君                 竹 島   勇 君                 今 井   洸 君                 米 原 賢 士 君                 古 閑 三 博 君                 井ノ上 龍 生 君                 永 田 悦 雄 君                 宮 元 玄次郎 君                 甲 斐 孝 行 君                 八 木 繁 尚 君                 幸 山 繁 信 君                 池 田 定 行 君                 小 材   学 君                 岩 崎 六 郎 君                 沼 川 洋 一 君                 水 田 伸 三 君                 杉 村 国 夫 君                 今 村   来 君                 浦 田   勝 君                 小 谷 久爾夫 君                 橋 本 盈 雄 君                 増 田 英 夫 君                 倉 重 末 喜 君                 中 村   晋 君                 酒 井 善 為 君欠席議員(なし)   ――――――――――――――――――――説明のため出席した者         知事      沢 田 一 精 君         副知事     藤 本 伸 哉 君         出納長     松 下   勝 君         総務部長    原 田 富 夫 君         企画開発部長  岡 田 康 彦 君         福祉生活部長  山 下 寅 男 君         衛生部長    清 田 幸 雄 君         公害部長    山 内   新 君         商工観光労働         部長      八 浪 道 雄 君         農政部長    坂 本 清 登 君         林務水産部長  大 塚 由 成 君         土木部長    梅 野 倫 之 君         有明地域開発         局長      伴   正 善 君         公営企業管理者 松 永   徹 君         教育委員会         委員長     本 田 不二郎 君         教育長     外 村 次 郎 君         警察本部長   廣 谷 干 城 君         人事委員会         委員長     内 藤 省 治 君         監査委員    井   輝 男 君   ――――――――――――――――――――事務局職員出席者         事務局長    川 上 和 彦         事務局次長   衛 藤 成一郎         議事課長    小 池 敏 之         議事課長補佐  辻     璋         主幹      山 下 勝 朗         参事      光 永 恭 子      ―――――――○―――――――   午前十一時二分開会 開議 ○議長(幸山繁信君) ただいまから昭和五十七年六月熊本県議会定例会を開会いたします。  これより本日の会議を開きます。       ―――――――○――――――― △諸般の報告 ○議長(幸山繁信君) まず、閉会中における諸般の報告をいたします。  内容については、議席に配付のとおりであります。   〔諸般の報告は付録に掲載〕       ―――――――○―――――――  前副議長永田悦雄君に対する感謝状及び記念品の伝達 ○議長(幸山繁信君) 次に日程に入る前に、去る三月定例会において副議長を退任されました永田悦雄君に対し、今般、全国都道府県議会議長会から感謝状、九州各県議会議長会から記念品の贈呈があっておりますので、この際伝達いたします。 ○議長(幸山繁信君)       感  謝  状                 永 田 悦 雄 殿 あなたは熊本県議会副議長として本会の発展に寄与されました ここに感謝状を贈り深甚なる謝意を表します   昭和五十七年三月二十六日             全国都道府県議会議長会   〔感謝状及び記念品伝達〕   〔拍手〕       ―――――――○――――――― △日程第一 会議録署名議員の指名 ○議長(幸山繁信君) 次に日程に従いまして、日程第一、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第百九条の規定により宮元玄次郎君、永田悦雄君、橋本太郎君、以上三名を指名いたします。       ―――――――○――――――― △日程第二 会期決定の件 ○議長(幸山繁信君) 次に日程第二、会期決定の件を議題といたします。  お諮りいたします。今期定例会会期は、本日から六月二十二日までの十六日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(幸山繁信君) 御異議なしと認めます。よって、会期は十六日間とすることに決定いたしました。       ―――――――○――――――― △日程第三 知事提出議案第一号から第十八号まで ○議長(幸山繁信君) 次に日程第三、知事提出議案第一号から第十八号までを一括して議題といたします。  議案及び報告事項は、議席に配付のとおりであります。    ―――――――――――――――――――― 第一号 昭和五十七年度熊本県のチッソ株式会社に対する貸付資金特別会計補正予算(第一号) 第二号 専決処分の報告及び承認について 第三号 熊本県職員恩給条例等の一部を改正する条例の制定について 第四号 熊本県条例の一部を改正する条例の制定について 第五号 熊本県劇場条例の制定について 第六号 町の境界変更について 第七号 熊本県世帯更生資金貸付事業の補助に関する条例の一部を改正する条例の制定について 第八号 熊本県心身障害者対策議会条例の一部を改正する条例の制定ついて 第九号 熊本県伝統工芸館条例の制定について 第十号 熊本県漁港管理条例の一部を改正する条例の制定について 第十一号 和解及び損害賠償額の決定について 第十二号 熊本県都市公園条例の一部を改正する条例の制定について 第十三号 工事請負契約締結について 第十四号 県道の路線認定について 第十五号 県道の路線廃止について 第十六号 熊本県学校医、学校歯科医及び学校薬剤師公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定について 第十七号 熊本県立総合体育条例の制定について 第十八号 専決処分の報告及び承認について 報告第一号 昭和五十六年度熊本県一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について 報告第二号 昭和五十六年度熊本県港湾整備事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について 報告第三号 昭和五十六年度熊本県中小企業従業員住宅事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について 報告第四号 昭和五十六年度熊本県水俣湾等堆積汚泥処理事特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について 報告第五号 昭和五十六年度熊本県一般会計事故繰越し繰越計算書の報告について 報告第六号 昭和五十六年度熊本県電気事業会計建設改良費繰越額の使用に関する計画の報告について 報告第七号 昭和五十六年度熊本県工業用水道事業会計建設改良費繰越額の使用に関する計画の報告について       ―――――――○――――――― △日程第四 知事の説明 ○議長(幸山繁信君) 次に日程第四、ただいま議題といたしました議案に対する知事の説明を求めます。知事沢田一精君。   〔知事沢田一精君登壇〕 ◎知事(沢田一精君) 今回の定例県議会に提案いたしております議案の説明に先立ちまして、中国広西壮族自治区との友好提携について一言御報告申し上げたいと存じます。  同自治区との友好提携につきましては、去る五月二十日、同自治区の首都南寧市において、本県からは百余名から成る調印団が赴き、私と同自治区の覃応機主席との間で、本県と同自治区との友好提携の調印を行いました。ここに、このことを御報告申し上げますとともに、県議会を初め関係各位並びに県民の皆様からこれまでに賜りました多大なる御支援に対し心から感謝申し上げます。  今後は、産業文化等各般にわたる交流を活発に続けてまいる所存でありますので、県議会を初め県民の皆様の一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。  次に、今回の定例県議会に提案いたしております補正予算について御説明申し上げます。  今回の補正予算は、本年度当初予算をほぼ年間予算として編成したこと並びに歳入予算のうち地方交付税等につき確実な収入の見通しをいまだ得るに至っていないこと等もありまして、時期的に今回措置する必要があるチッソ株式会社に対する県債発行による貸し付け及び今回の貸し付けに伴う利子の支払いに要する経費を計上いたしました。  県政の重要課題であります水俣病対策につきましては、御承知のとおりなお多くの難問が山積いたしておりますが、かねてより県議会議員各位並びに県選出国会議員の方方に特段の御配慮を賜り、患者救済の促進、地域経済社会の安定に鋭意努力を重ねてまいっているところであり、関係各位の御尽力に対し、この機会に改めて厚くお礼を申し上げます。  御承知のとおり、水俣病の原因者でありますチッソ株式会社に対する県債発行による金融支援措置につきましては、国は、昭和五十六年十一月二十日の水俣病に関する関係閣僚会議において、昭和五十九年度補償金支払い分まで県債を継続発行するよう要請してきたところであり、さきの昭和五十六年十二月定例県議会において、国及びチッソ株式会社に対して今後の対応について最善の努力を重ねていくよう諸条件に付した上で、国の要請を受け入れることはやむを得ないとの結論を出していただいたところであります。  私といたしましては、県議会のこのような御意向を踏まえ、機会あるごとに国に対し、諸施策の積極的な推進について強く要望を重ねてきているところであり、特に、チッソ株式会社再建計画に必要な同社の子会社に対する開銀融資の早期実現については強く要望をしてきたところであります。  今回、同社の子会社のうち、チッソプラスチックス株式会社に引き続き、チッソ石油化学株式会社に対しても開銀融資が期待できる旨、去る五月三十一日開催された第十一回チッソ金融支援協議会において国側から表明されたところであり、これを契機にチッソ株式会社に対する国の指導、支援が一層強化され、同社の再建ができるだけ早い時期に達成されるよう強く望むものであります。  今後とも県議会の御意向を十分に伺いながら水俣病対策の推進に努めてまいりますとともに、国に対し引き続き諸施策の積極的な推進を強力に要請してまいる所存でありますので、議員各位の一層の御指導と御協力を心からお願い申し上げる次第であります。  さて、今回の補正予算に計上いたしておりますチッソ株式会社に対する貸付金につきましては、同金融支援協議会において同社の昭和五十六年度の決算状況を参考にして審議された結果、県が二十二億八千四百万円の県債を発行し、同社に対して融資を行ってほしい旨の結論が出されました。  チッソ株式会社に対しての県債発行による金融支援措置は、今回が継続発行としては第一回目でありますが、昭和五十三年十二月以来八回目を数え、融資額の累計は百九十億一千三百万円になります。同社の経営内容を考慮いたしますと、水俣病患者に対する補償金の支払いに支障が生じないようにし、地域経済社会の安定に資することとするためには、県が融資を行うこともやむを得ないものと考える次第であります。  以上、今回提案いたしております補正予算の総額は二十四億七百二十三万六千円で、これを現計予算と合算いたしますと四千七百六十三億二千六百八万八千円と相なるわけでございます  次に、条例関係議案のうち主なものについて御説明申し上げます。  まず、熊本県劇場条例の制定につきましては、地域文化活動の拠点として、昭和五十三年度から建設を進めてまいり、本年末に完成の運びとなります県立劇場の設置に伴うものであります。  また、熊本県立総合体育条例の制定につきましては、本県のスポーツ活動の殿堂として本年秋にオープンを予定しております総合体育館の設置に伴うものであります。  次に、熊本県伝統工芸館条例の制定につきましては、県内伝統的工芸品産業育成、振興の拠点として本年八月に開館を予定しております伝統工芸館の設置に伴うものであります。  以上が今回提出いたしております議案の主な内容でございますが、このほか、熊本県条例の一部を改正する条例の制定等各種条例案件、事件決議案件及び知事専決処分の報告等もあわせて御提案申し上げており、また今会期中には人事案件も追加提案申し上げる予定でございますので、これら議案につきよろしく御審議の上適当な御議決をいただきますようお願いいたしまして、私の説明を終わらせていただきます。       ―――――――○――――――― △日程第五 休会の件 ○議長(幸山繁信君) 次に日程第五、休会の件を議題といたします。  お諮りいたします。明八日から十日までは議案調査のため会議は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(幸山繁信君) 御異議なしと認めます。よって、明八日から十日までは会議は休会することに決定いたしました。       ―――――――○――――――― ○議長(幸山繁信君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。  明八日から十日までは休会でありますので、会議は来る十一日午前十時から開きます。日程は、議席に配付の議事日程第二号のとおりといたします。  本日はこれをもって散会いたします。   午前十一時十四分散会

関連ページ